病院行ったら・・・即、入院!!
事の始まりは8月末。
夫が長期のアジア出張に出かけた直後の日曜日にお腹に激痛が。
トイレに行っても痛くてトイレに行くのがイヤになるほど。
19歳の時に虫垂炎の手術をして、その後傷のあたりが癒着してしまい、時々痛くなっていたのがひどくなったようだった。
「これってヤバいのかな~。」と思いつつ、痛みが少し治まったのもあって病院には行かなかった。でも毎日鈍痛があったけど。
そのうち、上から見るとあきらかに右側のお腹が膨らんでいるように見えた。ちょっと押してみると痛い。
病院行かなくちゃだけど・・・どうしようかと悩んでいたら夫が1週間だけ休暇が取れたので日本に帰ると言い出した。
1週間だけなら私は帰らないよって以前に話していたけれど、日本の病院に行きたかったので私も帰ることに。



9月29日にLAを発ち、翌30日日本着。姉や甥っ子が迎えに来てくれていた。
相変わらずお腹は痛い。甥っ子は私がお腹が痛くて一緒に遊べないのが不満みたい(笑)
そして休み明けの10月2日に実家から歩いて数分のところにある大学病院へ行った。
どこの科にかかったらいいのか受付で確認してもらい、消化器外科へ。

呼ばれて診察室に入ると女医さんだった。とても感じのいい話しやすい先生。
事情を説明し、触診されるとやっぱり痛い。すぐにレントゲンとCTを撮りに行く。
その後、出来上がったCTの画像を見ると、お腹に雪だるま状の白いかたまりが写っていた。これが痛みの原因らしい。
「すぐに手術して取ったほうがいいので今日入院できますか?」と言われてビックリ。
薬かなんかもらって終わると思っていただけにかなりショックだった。
入院するにも準備があるので、翌日入院するようにしてもらい家に帰った。
帰り道、涙が出てきた。なんでこうなるのかな~~。

その後必要なものなどを揃えて翌日に備える。夫も家族もビックリしていた。
夫と一緒に1週間で帰るつもりでいたので、飛行機も変更しなきゃ。
手術か~イヤだなぁなどと考えていた。
[PR]
by cookoff | 2006-10-02 14:12 | Others
<< 入院当日。 美味しい温麺。 >>